2011.03.03 Thursday
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2011.03.03 Thursday
    【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法 渡辺 裕一
    0

       【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

      【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法 


      下記より購入しカンタンなレビューを送るだけで最大3200円安くなります!
      【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法



      はじめまして、渡辺裕一と申します。
      わたしは年商200億円、正社員600名以上の企業で人事の経験もある現役の面接官です。

      このHPを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

      ●「貴方に本物の面接方法で採用を勝ち取って貰うこと」

      ただそれだけです。

      「それだけって?そんな軽くいうけどさあ・・・」
      もしかするとこう思われるかもしれせん。

       わたしにはその気持ちが。


      今でこそ年商200億企業の面接官をやっていますが、学生の頃は、
      25社連続不採用のダメ学生だったのです。
      だから分かるんです。

      貴方も、今まで採用を勝ち取るために一生懸命に努力してきたことでしょう。
      就職活動には欠かせない面接本を読んだり、
      就職指導の先生のアドバイスをしっかり聞いたり、
      転職者はハローワークのアドバイスを数多く受けたかもしれません。

      多くの情報を取り入れているのに採用されない。
      何が悪いのか?
      やっぱり自分の力不足なのか?

      ここではっきりと警告しておきます!

      巷で流れている面接法の常識には、
      実際には効果のないものが多すぎます。
      とりあえず、今この瞬間だけでいいのでその常識を忘れ下さい。

      その代わりわたしが今から、

      物事を早く、着実に上達させる秘訣をお教えします。

       


      非常に重要なことなので、ひっそりと小さく書きますね。

      その秘訣とは・・・

       

       

      「その道のプロに教わる」


      です。

       


      「なーんだ。そんなことか。」

      と思ったかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

      もう1度聞きますが、
      本当に採用される面接法を知りたいなら、誰に教わるのが一番確実だと思いますか?

      ●学校の就職課の先生?
      ●ハローワークの職員?
      ●面接本?
      ●インターネット?

      もうおわかりですよね。

       


      考えてみれば当たり前のことです。

      人気企業の面接は年間に何十人、何百人もの受験者と向かい合っているのです。
      その中には、当然複数の企業から採用をもらってくる受験者もいます。

      彼らと実際に面接をすると、わたしたち面接官も「なる程」と思うような発見もあるくらいです。
      そんな受験者たちと頻繁に触れ合っていれば、面接官は、

      嫌でも採用される人たちのやっていることが見えてくるんです。

      学校の就職課の先生が、今現在の面接界で本当に通用する面接法を知っているのでしょうか?
      ハローワークの人たちが、果たしてどれだけの面接法を知っているのでしょうか?

      就職課の先生やハローワークが出している面接に関する情報の中には、
      まったく採用に直結していない情報が平然と書かれているものが未だにあります。

      わたしから言わせれば、それらの情報が面接自体を無駄に複雑化しているのです。

      貴方が採用されるための方法を本気で知りたいのであれば、
      本当に意味のある面接法以外聞くべきでは御座いません。
      そうなしないと、貴方自信が混乱し、どんどん”採用出来ない方向”に向かい続けてしまうのです。

       

       

      【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

       

      「別に数多く採用をもらわ無くても・・・」
      「1社だけ採用がもらえればそれでいいんですけど・・・」

      そう思ったかもしれませんね。

      でも、ちょっと待って下さい。
      これは特に最近の面接界の傾向ですが、

      「採用される人はどんどん採用される」
      「採用されない人はまったくされない」

      という風に二極化しているんです。
      これはどう言う事なのか。それは、要するに、

       


      と言う事なんですね。
      面接というものの、最初の部分を取り違えているために、
      いくら努力しても採用とはどんどん違うほうへいってしまうわけです。

      では、複数の採用を勝ち取る人たちは、面接で一体どんな内容の話をしているのかというと実は、

      話の内容が非常にシンプル

      なんです。
      「え?」
      と思われたかもしれませんが、これは事実です。

      そして、この「シンプル」はただ「シンプル」なだけでは当然御座いません。

      採用と直結した話をシンプルにしている

      のです。
      シンプルに出来るから、はっきり言うと「誰にでもできてしまう」のです。
      だから採用を勝ち取っている人は誰にも言いたくないんです。

      「まさか」と思われた貴方。

      では、聞きますが

      採用を複数勝ち取る受験者たちは、
      実は特殊な経験や体験をした事が無い人が多い
      と言う事を知っていましたか?

      緊張しまくりで、言葉が詰まってばかりの人でも複数の採用をもらっている人が多くいる
      と言う事を知っていますか?

      知らなかったでしょう。

      でも、そんなことは面接の現場では常識なのです。
      いろいろな経験をしていれば、話に幅を持たせられると思いますよね。
      緊張せずに話せれば、面接官に自分の印象を良く出来ると思いますよね。

      でも実は、そんなの関係ないってことなんです。




       

      英会話スクールに行くより【ネイティブ・イングリッシュ】 松下式最強筋トレDVD4本+自宅でできる最強筋トレDVD2本セット 現役医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法 10日間中国語完全マスタープログラム TOEIC(R) Test-最速スコアアップ講座 医師が教える科学的英語勉強法講義 平成23年度に対応!【完全版】行政書士試験にわずか147日で合格したラクラク勉強法!
      | mensetsu4ten5 | 【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法 | 15:38 | - | - | - | - |